これで完璧!?ムダ毛を自己処理でキレイにするコツ

こんなはずじゃなかった!自己処理失敗例

暖かい季節に入り、だんだんと薄着になりますね。お肌の露出が増えると気になってくるのがムダ毛です。毛抜き・ワックス・脱毛器具などを使って自宅で処理しているという人も多いでしょう。 そんなムダ毛を自分で処理して失敗した、なんてことはありませんか?例えば、「処理後毛穴がブツブツしていて、なんだか肌が汚い」、「肌が荒れて真っ赤になってしまった」、「毛を抜いたところが黒ずみに!」などは代表的な自己処理の失敗です。せっかくムダ毛の処理をしても、こんなトラブルが出てきてしまっては逆効果です。ムダ毛がなくても、人前でお肌を見せるのをためらってしまいますよね。 では、どうやったらトラブルなくキレイに処理できるのでしょうか?

上手にムダ毛処理して美肌へ!

これらのムダ毛自己処理トラブルの原因は、ズバリお肌への負担です。
まず、毛抜きで抜くという方法はあまりおすすめしません。理由は毛穴が開いて、そこからバイ菌が入り肌トラブルにつながるからです。次に処理後のお肌はとても敏感になっているので、きちんとしたスキンケアが必要です。脱毛後のお風呂では、ゴシゴシこすらずやさしく洗いましょう。ゴシゴシ力を入れると、敏感になったお肌を傷つけてしまいます。入浴後は、刺激性のない化粧水やボディクリームで保湿して下さい。脱毛後に、きちんとしたお手入れをすることによってトラブルの大半は回避することができます。

自己処理でも適切な方法でやれば、トラブルのないキレイなお肌を保ちながら、上手に脱毛することができます。